スポンサードリンク

肥満のタイプ:皮下脂肪型と内臓脂肪型

肥満のタイプ:皮下脂肪型と内臓脂肪型

一般的にお腹の周りが太っている状態を腹部型肥満と呼びます。しかし同じ腹部型肥満でも腹部を輪切りにするCTスキャンを撮影してみると、2つの肥満タイプに分類することができます。皮フの下に脂肪を溜めた皮下脂肪型と、内臓に脂肪を溜めた内臓脂肪型です。
脂肪細胞は内臓に多く。とくに肝臓や腸の周辺に集まっています。ここにたっぷり体脂肪を溜めているのが、内臓脂肪型肥満。男性の場合は、大きな骨格の内部に脂肪が蓄えられるスペースがあるので、内臓脂肪が女性より多い傾向にあります。男性は、お腹周りなど体幹部に体脂肪がつく、いわゆるリンゴ型肥満が多いと言われています。生活習慣病のリスクも高く注意が必要です。一方、わき腹のたるみは皮下脂肪によるものが多いです。この皮下脂肪は腹筋等の筋力トレーニングによって直接落とすことは難しいでしょう。全身運動、有酸素運動ダイエットで効果的に脂肪を落としましょう。
案外見逃しなのが背中です。全身で、お腹の次に皮下脂肪が厚い部分です。

一方、女性ホルモンは、脂肪を皮下に誘導する働きがあります。胸にも女性ホルモンが皮下脂肪を誘導してふくよかなバストを作ります。適度な筋肉を付けておかないと重みで垂れる危険性もありですよ。上腕の裏側、二の腕にも脂肪が多く、皮下脂肪の厚みは表側の2倍以上。男性よりも腕の筋肉量が少ない為、脂肪のタプタプ感も際立ちます。つまり、女性は皮下脂肪を溜めても内臓にはあまり回らない傾向にあります。更に女性の場合は、男性と違い出産に必要な子宮を保護するために、お腹の下、腰やお尻や太ももなどの皮下に脂肪が蓄積されやすくなっています。女性は下半身に体脂肪が集まる傾向が強いです。いわゆる洋ナシ型肥満と呼ばれるタイプです。下半身デブなんていう言葉もあるくらいです。お尻がボテッとしているのが洋ナシ型肥満の特徴です。垂れたお尻はみっともないもの。適度な皮下脂肪で魅惑的なヒップを作りたいですね。
スポンサードリンク

タグ:体脂肪 脂肪 肥満 皮下脂肪 内臓脂肪 有酸素運動 ダイエット 落とす 減らす 痩せる 燃やす 燃焼
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪と肥満

気になる部分の体脂肪を落とす

気になる部分の脂肪だけを落とせればいいのに・・・

胸(おっぱい)の脂肪は残しておきたいけど、お尻の脂肪は減らしたい。そう願う女性は多いけど、それはちょっと甘い考えのようです。
皮下脂肪や内臓脂肪は、カラダ全体のエネルギーの貯蔵庫です。体の脂肪は腰とかお尻に分かれているのではありません。運動やダイエットをすると、全身の脂肪は万遍なく少しずつ落とすことができます。残念ながら、お尻が痩せるときは胸も痩せるのです。
それでも、体脂肪が早く減る部分と、なかなか減らない部分があることは事実。体脂肪がどこから落としやすいかというのは、個人差が大きくお尻から痩せる人もいれば、脚から痩せる人もいます。キーになるのは脂肪の合成や分解を担う脂肪細胞が体脂肪を減らす際の代謝率です。これが体の部分や体質で、微妙に異なるのです。

腹筋でお腹は凹むのか?部分痩せに対する古典的な問いの答えも勿論NO(ノー)です。確かに腹筋をしばらくやると、腹まわりは少し凹むかもしれません。これは筋肉がコルセットのように働いて、内臓脂肪などのたるみを締めているだけで痩せるのとはちがいます。同様に、スクワットで脚をスリムにしたり、フレンチプレスで上腕のタプタプを直接落としたりするのも基本的には不可能です。筋トレは筋肉を付けることによって基礎代謝が上昇し、その結果、体脂肪が減りやすくなるというだけで、部分的に体脂肪を落とす効果はありません。
スポンサードリンク

タグ:体脂肪 脂肪 ダイエット 落とす 皮下脂肪 内臓脂肪 肥満 痩せる 減らす 運動
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪と肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。