スポンサードリンク

産後ダイエット|体脂肪を落とす方法

妊娠&出産を経て女性は体内に脂肪を蓄積します。
これは元気な赤ちゃんを産むための正常な体重の増加です。
そして、母乳育児をする過程で数ヶ月をかけて
この脂肪は減っていくものです。

けれども、中には例外があってなかなか痩せないで
太ったままになってしまうケースもあります。
そんなときに疑われるのが骨盤のゆがみです。

詳しくはコチラのサイトをご覧になってみてください。
スポンサードリンク

タグ:産後 ダイエット 産後太り 骨盤矯正 体脂肪 贅肉
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは

体脂肪とは

体脂肪とは

体脂肪という言葉、最近よく耳にしますね。体脂肪率とか体脂肪計などのようなカタチで話題に上る事があります。そもそもこの体脂肪ってなんでしょう?脂肪でブヨブヨ〜と言うときの脂肪とは何が違うのでしょうか?
平たく言えば、私達のお腹についているのが体脂肪で、トンカツなどについている脂身の部分がいわゆる脂肪です。食べ物に含まれる脂肪は体内へ吸収された後、脂肪酸に分解されて、脂肪細胞(脂肪細胞という細胞があるんですよ、脂肪細胞については後述します)へと運ばれる。こうして脂肪細胞によって中性脂肪として合成され、蓄積されたものが体脂肪です。勘違いしてはいけないのが、脂肪だけが体脂肪になるわけではありません。ご飯やパンなどの炭水化物も、食べ過ぎると脂肪細胞に運ばれて体脂肪(=中性脂肪)に合成されるのです。体脂肪の主な役割は、余剰エネルギーの蓄え、衝撃から身体を守る、体温の保持、ホルモンバランスの調節など意外と多岐にわたります。特に脂肪は糖質と比べて2倍以上ものエネルギーを持っていると言われています。ですから体脂肪は余ったエネルギーを効率よく備蓄するのに大きな役割を果たしています。
スポンサードリンク

タグ:体脂肪 中性脂肪 脂肪 体脂肪率 脂肪細胞 脂肪酸 落とす 減らす 燃やす
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは

脂肪の種類(体脂肪とは)

脂肪の種類(体脂肪とは)

体内には4種類の脂肪があります。「中性脂肪」「脂肪酸」「コレステロール」「リン脂質」の4つがそれです。「中性脂肪」はトリグリセリドとも呼ばれ、脂肪細胞の中に貯えられています。私たちが体脂肪と呼んでいるのは、実は中性脂肪のことなのです。つまり中性脂肪が体内(脂肪細胞内)に蓄積されたものが体脂肪と呼ばれます。中性脂肪は必要に応じて分解されて脂肪酸となり、エネルギーとして使われます。その他に、活動するために必要なエネルギーとして利用される「脂肪酸」、細胞膜を構成したり、ステロイドホルモンや、胆汁酸のもとになる「コレステロール」、身体の細胞膜を構成している成分の総称で、細胞膜を正常に保ち細胞膜の透過性を維持するという役割を担っている「リン脂質」があります。つまり、脂肪酸はすぐに役立つ「即効エネルギー」、中性脂肪は3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついたもので「貯蔵用エネルギー」と言えましょう。
スポンサードリンク

タグ:トリグリセリド 脂肪細胞 燃やす 落とす 減らす リン脂質 脂肪 中性脂肪 脂肪酸 コレステロール 体脂肪
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは

脂肪細胞とは?

脂肪細胞とは?

脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞です。皮下や内臓周辺に多くて、脂肪細胞の数は、250億個〜300億個とも言われています。脂肪細胞が他の細胞と大きく違うのは、体脂肪を蓄えるタンクを備えているという点です。これが油滴と呼ばれるもので、約1億個の脂肪細胞につき1個ずつあります。脂肪細胞の数は思春期までにはほぼ決まり、病的な肥満でない限りは思春期以降に増えることはあまりありません。数が増えないのに私達が太ってしまう理由は、脂肪細胞が伸縮自在で、油滴に通常の数倍もの脂肪を詰め込む事が出来るからです。このように脂肪細胞自体の脂肪蓄積量が増えることによって体脂肪の割合が過多になる状態のことを肥満と言います。
ところで、この脂肪細胞は二つの異なった種類に分類されます。それぞれ「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」と呼ばれます。白色脂肪細胞は、前述したような脂肪を蓄える組織「油滴」からできています。白色脂肪細胞は大量の脂肪を蓄え、中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。一方、褐色脂肪細胞は、細胞内の脂肪を熱エネルギーに変換する細胞で、この褐色脂肪細胞の量が多ければ多いほど、体脂肪は消費されます。褐色脂肪細胞は幼児期に多く、年をとるに連れて減少します。褐色脂肪細胞によって熱エネルギーに変換された脂肪は体温保持など熱源として利用されます。
スポンサードリンク

タグ:体脂肪 中性脂肪 脂肪細胞 脂肪 肥満 落とす 減らす 燃やす 燃焼 痩せる
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは

余分な体脂肪を回収してくれるHDLについて

体内の脂肪の中でもLDLという悪玉コレステロールを血中から取り除いてくれるHDLが、どれ位の運動で増えるのかということが御茶ノ水女子大の研究で分かった。運動の強度についてはどうなんだろう?

 

運動で善玉コレステロールを増やすには、少なくとも1回に30分以上、1週間で計2時間以上の運動量が必要であることが、お茶の水女子大の研究グループの調査でわかった。米国の内科学雑誌に発表される。

 血液中の余分なコレステロールを回収することから「善玉」とされるHDLコレステロールは、運動によって増えるとの指摘はあったが、どの程度行うべきか明確な指標はなかった。

 同大生活習慣病医科学講座の児玉暁(さとる)研究員と曽根博仁准教授(代謝内分泌内科)は、ウオーキング、ジョギングなど有酸素運動によるHDLコレステロールの変化に関する25の研究論文のデータを解析した。

 それによると、HDLコレステロールの上昇には、週当たり推定消費エネルギーで900キロ・カロリー、時間にして2時間以上の運動量が必要だった。一般に1時間の速歩きで300キロ・カロリー程度消費するとされる。

最終更新:5月29日3時15分
読売新聞

善玉コレステロール増える運動量は1回30分、週2時間超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000501-yom-soci


スポンサードリンク

タグ:体脂肪 脂肪 減らす 落とす 燃やす 燃焼 減量 ダイエット HDL LDL
体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:27 | 体脂肪とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。