スポンサードリンク

脂肪の種類(体脂肪とは)

脂肪の種類(体脂肪とは)

体内には4種類の脂肪があります。「中性脂肪」「脂肪酸」「コレステロール」「リン脂質」の4つがそれです。「中性脂肪」はトリグリセリドとも呼ばれ、脂肪細胞の中に貯えられています。私たちが体脂肪と呼んでいるのは、実は中性脂肪のことなのです。つまり中性脂肪が体内(脂肪細胞内)に蓄積されたものが体脂肪と呼ばれます。中性脂肪は必要に応じて分解されて脂肪酸となり、エネルギーとして使われます。その他に、活動するために必要なエネルギーとして利用される「脂肪酸」、細胞膜を構成したり、ステロイドホルモンや、胆汁酸のもとになる「コレステロール」、身体の細胞膜を構成している成分の総称で、細胞膜を正常に保ち細胞膜の透過性を維持するという役割を担っている「リン脂質」があります。つまり、脂肪酸はすぐに役立つ「即効エネルギー」、中性脂肪は3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついたもので「貯蔵用エネルギー」と言えましょう。
スポンサードリンク
タグ:トリグリセリド 脂肪細胞 燃やす 落とす 減らす リン脂質 脂肪 中性脂肪 脂肪酸 コレステロール 体脂肪

体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41563485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。