スポンサードリンク

脂肪細胞とは?

脂肪細胞とは?

脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞です。皮下や内臓周辺に多くて、脂肪細胞の数は、250億個〜300億個とも言われています。脂肪細胞が他の細胞と大きく違うのは、体脂肪を蓄えるタンクを備えているという点です。これが油滴と呼ばれるもので、約1億個の脂肪細胞につき1個ずつあります。脂肪細胞の数は思春期までにはほぼ決まり、病的な肥満でない限りは思春期以降に増えることはあまりありません。数が増えないのに私達が太ってしまう理由は、脂肪細胞が伸縮自在で、油滴に通常の数倍もの脂肪を詰め込む事が出来るからです。このように脂肪細胞自体の脂肪蓄積量が増えることによって体脂肪の割合が過多になる状態のことを肥満と言います。
ところで、この脂肪細胞は二つの異なった種類に分類されます。それぞれ「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」と呼ばれます。白色脂肪細胞は、前述したような脂肪を蓄える組織「油滴」からできています。白色脂肪細胞は大量の脂肪を蓄え、中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。一方、褐色脂肪細胞は、細胞内の脂肪を熱エネルギーに変換する細胞で、この褐色脂肪細胞の量が多ければ多いほど、体脂肪は消費されます。褐色脂肪細胞は幼児期に多く、年をとるに連れて減少します。褐色脂肪細胞によって熱エネルギーに変換された脂肪は体温保持など熱源として利用されます。
スポンサードリンク
タグ:体脂肪 中性脂肪 脂肪細胞 脂肪 肥満 落とす 減らす 燃やす 燃焼 痩せる

体脂肪とは?体脂肪を落とす方法は?TOPへ
posted by 体脂肪を落とそう at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体脂肪とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。